Skip to content

イオン銀行の不動産担保ローンの審査基準は緩い?

イオン銀行の不動産担保ローンの審査は決して緩くはありません。一般的に、銀行融資の審査は消費者金融や信販会社の審査よりも厳しいと言われています。

特に、ブラックリストにのっている人はその時点で融資を断られる可能性が高いでしょう。他社からすでに4社以上借りている人なども難しいです。

過去に延滞などもなく、他社からの借入が3件以内の人ならば可能性はあります。イオン銀行の不動産担保ローンでは、不動産の担保としての価値が重要になります。不動産の担保評価額の6割~7割くらいまでなら融資を受けられる可能性があります。

土地の価値が1,000万円なら、700万円くらいまでなら借りられる可能性があるということです。公務員の人や大企業の正社員の人など、属性が良い人はもっと高額な融資を受けられる可能性もあるでしょう。審査では不動産の担保評価と本人の属性の2つが重要なポイントとなります。

イオン銀行の不動産担保ローンの審査でも、カードローンなどの審査と同じで年収、勤務形態、勤続年数、個人信用情報などが重要になります。不動産担保ローンでは不動産に抵当権を設定するので、年収が低くても担保の価値が十分ならば高額な融資を受けられる可能性が高くなります。しかし、ローンの返済ができなくなると不動産を強制的に売られてしまうということに注意をしておきましょう。イオン銀行ではカードローンやフリーローンなどさまざまな商品が用意されているので、自分にあった商品を選びましょう。
https://xn--hekm0a371yk5bjwgz0zz8bp4k0mzzmxl54e.com

Comments are closed.